乾燥肌では毎日気分が落ち込みます|そんな人には化粧水

セラミドで乾燥対策

スキンケア

セラミドは肌内部の油分や水分を守る働きをしています。乾燥を予防するために必要不可欠な成分です。セラミド配合の化粧品でスキンケアをすれば、角質層のセラミドが増えて保湿効果がアップし、乾燥肌を改善できます。

もっと見る

美肌とメイクオフ

目を閉じる婦人

肌を温めるホットクレンジングを行うことで、毛穴の汚れも取り除くことが出来ます。血流が良くなり、リラックス効果も得られます。クレンジング剤は、ドライな肌にのせて使うことが汚れを十分に落とすコツです。肌にのせている時間が長いと負担をかけるため、速やかに洗い流します。

もっと見る

オイルタイプで落とそう

頬を触る女性

オイルタイプのクレンジングは洗浄力が極めて高くメイクや古い角質層を確実に落とすことができます。夏場は日焼け止めを塗る機会も多いのでしっかりと行いましょう。最近は美容成分が含有されているものも販売されているので、そういうものを使うのもおすすめです。

もっと見る

水分保持力の低下を補う

化粧水

季節や年齢に合わせて

乾燥肌の対策は肌のコンディションや季節、年齢などに合わせて化粧水や乳液などの商品を選ぶ必要があります。肌が本来持っている水分保持の能力を補うことで、乾燥肌の改善を行います。肌には自然の水分保持力があります。そして肌のダメージからの回復力もあります。しかし、肌のコンディションが悪化した状態や乾燥する季節、加齢による回復力の低下などに合わせて、肌を乾燥から守る機能を補ってやる必要があります。化粧水は水を主体とした商品なので、基本的に水溶性の保湿成分が配合されています。保湿力の高い化粧水は夏でも乾燥肌に悩む方、強い紫外線からの刺激、日焼けによるダメージなどによる肌のコンディション悪化に効果を発揮します。保湿力の高い化粧水はべとつきやすい夏の環境でもさっぱりとした使い心地で、肌のコンディショニングに役立ってくれます。

保湿成分を選ぶ

保湿力の高い化粧水は、代表的な保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲン、プロピレングリコール、NMFなどが挙げられます。保湿成分は水分を吸着させたり、水分を抱え込み保持する性質があります。乾燥肌のコンディショニングに高い評価を受けている保湿成分としてNMF、アミノ酸や尿素、ミネラルや糠などさまざまな成分が利用されています。使い心地や特性に違いがあるので、自分のお肌にあった商品を選ぶことができます。水分を保持するタイプのものの他に、角質層のコンディションの改善を促すタイプのもの、保湿効果の他に美白効果のあるものなどがあります。まずは乾燥肌の改善を行い、ある程度乾燥肌の改善ができたら、ターンオーバーを促すタイプの化粧品で肌のキメや毛穴対策を行うことで、綺麗な肌を手に入れることができます。